Hasta mañana! また明日

Hasta mañana(アスタ・マニャナ)=スペイン語で「また明日」という意味。


スポンサーリンク


頭の中

自分の嫌なところを書き出す勇気

新型コロナウイルス感染拡大の影響でほとんど自宅で過ごした1ヶ月半。人と会わず、自分と向き合う時間が多かった。自分の嫌なところに一旦フォーカスしてしまうと、その事が気になって仕方ない。 非日常感の中の日常生活 私が住んでいる国は5月に入ってよう…

気持ちをあらためて

8か月のあいだずっと放置していたこのブログ。 2020年5月は私がこの地に移住してちょうど1年の節目。この1年間、いろんな場所へ旅行したり、激しいデモを目の当たりにしたり、新型コロナウイルスの影響で外出制限があったり、様々な出来事がありました。 ブ…

「もっと」を求めなくてもいい

夢のその先 小さくても明るい光が入る清潔なアパートメントに住めればじゅうぶん。 洋服やカバンはスーツケースに入るだけのお気に入りがあればじゅうぶん。 食事は野菜と肉魚を塩とオリーブオイルで調理すればじゅうぶん。 人間関係は世界中のだれよりも尊…

夢が叶った後のものがたり

海外に住むという夢が叶った。 青い空、 心地よい風、 おおらかな文化、 ワクワクする街並み、 おいしくて楽しい食事。 憧れていたものが一気に手に入った。 今の生活にはとても満足している。 人間関係にも恵まれ感謝している。 夢が叶った今、一日一日が愛…

自分だけのロールモデルの見つけかた

会社勤めをしていたとき、女性社員の会話で「身近にロールモデルがいない」、「どんな姿を目指していいのかわからない」という声をよく耳にしました。ロールモデルがいないことを悩む必要はありません。簡単に自分だけのロールモデルを描く方法を書きました。

しんどい時こそ自分を褒めまくる

やりたいくないという気持ちは正直なものなので、それでいいと思います。やりたくなくても結構、だからこそやった自分のことはしっかりと褒めてあげよう。

不思議な出来事は転機のサイン

欧州某国のビザを申請した前日あたりから不思議な出来事が立て続けに起きています。 不思議な出来事は転機のサイン? あまりにも不思議なこと・驚くことが多く続くので気になって調べてみたら「転機を迎えるサイン」とか出てきてさらに驚き。今はちょうどビ…

過去と未来の分岐点

日本に帰ってきて、約二週間。旧友たちと会ったり、生まれ育った実家で家族と過ごしたり、桜が咲く季節を迎えたり、新元号が発表されたりと。良くも悪くも今までの古い自分と、これからの新しい自分の分岐点に立っているような不安定さを感じる今日この頃で…

ネガティブスパイラルに嵌まった時の脱出方法

ネガティブ思考の渦に嵌って抜け出せなくなった時の状況と脱出方法について書いた記事です。

心地よくないことも経験する

日本にいると、心地よいことが当たり前。すべての物事が予定通りに進み、親切な人が多くて、不快な思いをしない日常はとてもありがたいもの。世界には日本のような暮らしを選択できない人もたくさんいる。日本で生まれ育った私は恵まれています。 でも、なん…

時間は未来から流れる

時間の流れかたは過去から未来に流れているのではなく、未来から過去に流れているのだという考えを知った。 はじめは意味が分からなかったが、よく考えてみるとなるほどと思うことがいくつもあった。 未来からつながるできごと オットと出会ったときのこと。…

幸運のマンダリンオレンジ

2019年は二度のお正月を迎えることができてとくべつな気分。 さて、中華系文化が日常に根付く国で旧正月を過ごすのは初めてです。シンガポールでは1月後半ころからチャイナタウンやブギスストリート周辺などで縁起を担ぎや開運アイテムを買う人の姿がたくさ…

「1年後のありたい姿」に近づくリストの作り方

私は1年先の自分の「ありたい姿」をリスト化しています。そしてさらに細かく1ヵ月ごとのやることリストを具体的に作成し、月末にはそのリストをチェックして振り返りしています。

諦めかけた時の。魔法の言葉

一人暮らしをはじめた時は彼氏もおらず、家族にも頼りたくなくて、なるべく自分一人で荷物の搬入や家具の組み立てをしようとしていました。 そんなとき親友は「引越し手伝うよ!早く片付け終わらせて遊ぼう」と、さりげなく寄り添ってくれた。おかげで一人で…

ひとりで過ごして気づいたこと

ひとりで過ごしていると、日ごろ無関心な自分の姿や、ぼんやり考えていることにも意識が向くようです。人と一緒に過ごしているときは意識が色んなところに散らばっていて、自分自身に向いていないんだなぁと実感。この度気づいたことを記録しておきます。

最終勤務を終えて。今思うこと

新卒で入社し約11年半勤めた会社を退職しました。今の気持ちを残しておくためここに記します。

チャンスの掴みかた

自分の道を自分で選べるって幸せなことだなとつくづく感じます。世界には理不尽な理由で人生の決断をしなければならない人もいる。うまくいかないことや思い通りにならない事ばかりにフォーカスしないで、ちょっとでもワクワクすることに目を向けることがで…

胆力の鍛えかた

胆力は鍛えることができます。自分は「コレ!」という軸が3つあると、それは他の誰ともかぶらない個性として輝きます。ブレない軸がいくつか束ねられると太い幹となり、それが「胆力」の源となる気がします。

退職まで2週間。今感じていること

退職まであと2週間。お世話になった方に退職のご報告をしたり、後任者に仕事の引継をしたり。11年半勤めた会社でのキャリアを手放すことは予想していたとおり大変で、予想していた以上に心が揺さぶられる日々が続いています。

肩(過多)の力を抜くということ

昔から美容院でシャンプーしてもらう時に「力抜いて大丈夫ですよー」と美容師さんから言われることがよくありました。 自分では力を入れているつもりはないけれど、毎日色んな人をシャンプーしている美容師さんが(一人の方だけでなく)そう言うってことは、…

実家の荷物整理。本を断捨離

このあいだの三連休は一晩を実家で過ごし、母が作ってくれた夕食を父や弟たちと食べ、犬に癒され、のんびりリラックス。昔は実家の居心地を良く思わなかったのに、今はこうして実家で過ごす時間を幸せだと思えるようになりました。大人になったのかな。 あと…

「不思議の国のアリス症候群」の感覚を忘れないように書いておく

子どもの頃は定期的に見ていたけれど、大人になってからめっきり見なくなった不思議な『夢』があります。その「夢」を見なくなってしばらく経つので、その「夢」のイメージや感覚を忘れかけていますが、記憶があるうちに認め残しておきたいと思い、ここに記…

目的も意味も持たずただ行うということ

20180603 今朝、 BSのNHKで永平寺の修行の番組を見ました。 福井県の山奥にある永平寺は、曹洞宗の大本山。若い修行僧のことを雲水と呼ぶそうです。 永平寺の雲水は厳格な修行を行い、13時間もの坐禅(瞑想)をすることもあるそう。 朝4時に起床し、…

退職の意思を伝えた日に思うこと

夫が転職するため海外に移住すること、私もそれに帯同すること、ついては会社を辞する意思を、上司に伝えた。

わたしとスペイン

高校生の頃、NHKの番組でサグラダファミリアの特集を見て、ガウディとその建築の魅力に心を奪われた。 いつか必ず、自分の目で、サグラダファミリアやカサミラなどのガウディ作品を見てみたい。そう強く思った。 それ以前からもピカソやダリの絵画、リーガエ…

人間の体を描くのに唯一コンパスが必要なところ

例年より早い桜の開花で心踊っていた昨日までとはうってかわって雪降る春分の日。 猪熊弦一郎氏の『猫たち』展に行ってきました。 数年前のある日、一晩だけ迷い猫が家に来てからというもの猫の愛らしさに夢中。いつか猫と暮らす日を夢みている。 30歳から晩…

泰然と日々を過ごす

20180320 母の手づくりたい焼き。 物事が前に進まないときの心の持ちよう 知らせを待つあいだ、動じずに、心を平らかにいたいもの。 急かしたり、余計な焦りや不安を抱かずに。 果報は寝て待てと言いますし。 信じて、感謝して、毎日を大切に過ごし…

やることをやる

今日やらなくてはいけないことをやる。 今日やらなくてもいいことはやらない。 やればスッキリすることはやる。 やりたいことは思う存分楽しみ味わう。 意識したのはたったそれだけなのに、 毎日気持ちよく過ごせている。 心の引っ掛かりがなく、 気持ちに余…

夢が叶うとき

20171027 夢が叶うとき。 にわかに信じられない気持ち わくわくドキドキ 不安 想像がふくらむ 自分の人生を愛おしく思う 神様に感謝 色んな人に感謝 貴方に感謝 自分に感謝 夢が叶った後はどうするの? 夢の実現のその先 新しい夢は? その為になに…

身に付くということ

今の部署に配属されてから3年2ヶ月。 自分の希望で今の部署へ異動しました。そのこと自体がとてもラッキーで、やりたいこと・実現したいことがあり異動希望を出し、その願いが叶った。 それなのに、この3年間は何もできていないという思いで過ごし、無力な自…