Hasta mañana! また明日

日々のこと、旅のこと、海外移住準備のことを綴っています。ブログタイトルはスペイン語で「また明日」の意味。

お風呂でリラックスタイム

20180601

 

最近お風呂タイムを充実させることにハマっています。

 

シャワーだけでは疲れが取れない30代

 仕事に追われる日々の中、人付き合いもしていると、自分を労わる時間が取れていないことがあります。

 

20代のうちは仕事も遊びも時間の許す限り全力で楽しむことが充実感につながっていたけど、33歳の今はそれだと体力が持たなくなりました。

 

美味しいものを食べることも、友達とお酒を飲むことも好きだけど、週に3日も予定があると内臓や肌への負担が半端ない。笑

 

酔いがまわるのも早くなってきたし、すぐ疲れるので、外食した日は烏の行水並みの短時間シャワーを浴びて就寝。

 

そんな日々が続くと疲れが溜まっていくし、心の余裕もなくなってイライラしがち。

 

ちょっと前までは毎日シャワーだけでもぐっすり眠れて翌朝にはスッキリしてたのにな。

 

時間さえあればお風呂

そんな今日この頃でしたが、勤めている会社が昨年から1/4休暇制度を取り入れてくれたので、今日はその制度を活用して16時前に退社。

 

ずっと受診しようと思っていた皮膚科に行くことができ、カフェでゆっくり過ごして、18時過ぎには帰宅。夫が在宅勤務日で夕食を作ってくれたため、時間をかけて食事をとりました。2時間余裕ができるとこんなにも一日が充実するものなのか!

 

そのあとはお楽しみのお風呂タイム。

 

 f:id:shibuyaumeboshi:20180601225121j:image

 

 

 

電気と換気扇を消し、キャンドルを焚いて、無音の暗闇の中、揺らめく炎を見ていると心が平坦になりリラックスできます。

 

ときどきこの時間をつくるのがここ一年くらいのお気に入り。

 

 

軽井沢星のやの「メディテーションバス」に感動

 暗闇のなか湯船につかるようになったのは、昨年、軽井沢の星のやに宿泊した際「メディテーションバス(瞑想風呂)」なるものを体験したことがきっかけでした。

 

メディテーションバスは、まるで洞窟の中にいるかのような空間で、光や音が全く入らない暗闇のお風呂。湯のあたたかさと、湯のゆらめきだけを、肌で感じる。はじめての経験でした。

 

その晩は10秒くらい横になったかと思ったら朝を迎えていました。それほど深く眠り、起床後も目覚めているのにふわふわとした不思議な感覚が残っていました。

 

過ごす | HOSHINOYA Karuizawa | 星のや軽井沢 | 温泉旅館 【公式】

 

その経験以来、自宅のお風呂でも電気と換気扇を消し、キャンドルを炊いてリラックスしています。

 

余計なことを考えず、湯舟につかる幸せだけを感じる。お湯が体をあたためてくれることはなんて幸せなんだろうと気づく。そうすると心と体が癒され、深く眠ることができるとわかりました。

 

 

そして今宵も自宅メディテーションバスを満喫したので、これからゆっくり就寝します。

 

明日は美容院も予約したし、友人夫婦と食事する予定も楽しみだし、早起きしてジムで汗を流して、爽やかな休日を過ごそうと思います!

 

Hasta mañana また明日!