Hasta mañana! また明日

日々のこと、旅のこと、海外移住準備のことを綴っています。ブログタイトルはスペイン語で「また明日」の意味。

後編・サンセバスチャン酒場放浪記

酒場放浪記 後編は若干記憶がおぼろげ。しかし美味しさはたしかなものなので引き続きバルをご紹介します。

 

前編の記事はこちら 

 

 

4件目・Bar Tamboril バル・タンボリル

  • 住所:C/Pescaderia, 2, San Sebastián

 

家族経営の老舗バル。小さなお店です。

 

このあたりから記憶が曖昧になってきます。しし唐?ピーマン?のフリットが美味しかったです。

 

はしご酒って楽しいですよね。BS日テレで放映している「吉田類の酒場放浪記」が大好きです。吉田先輩と酒場放浪記サンセバスチャン編で一緒にバル巡りしたい。

 

f:id:shibuyaumeboshi:20180908230950j:plain

 

 

 

5軒目・Bar ZERUKO バル・セルーコ

 

創作ピンチョスが楽しめるお店。とても人気のバルで激しく混雑しており、注文するのも一苦労。人がひしめき合って食べるのも一苦労。

 

それでも来てよかったと思える味と見た目のクオリティ!これぞサンセバスチャン、美食の街!

 

f:id:shibuyaumeboshi:20180908235843j:plain

 

ウニのグラタン。大好物。

f:id:shibuyaumeboshi:20180909000000j:plain

 

ウナギの稚魚と半熟卵フライ。見た目はアレですが、味はおいしいそうめん?みたいな感じで食べやすい。私はけっこう好きでした。スペインではウナギの稚魚を食す習慣があるようです。

f:id:shibuyaumeboshi:20180909000036j:plain

 

 

6軒目・Bar Bergara バル・ベルガラ

 

バルが立ち並ぶ旧市街からは徒歩20分ほど離れていますが、酔い覚ましをかねてふらっとお散歩しながら移動。

 

家庭的な雰囲気のお店ですが、種類が豊富で見た目にも美しいピンチョスが並んでいて、6軒目でも目移りしちゃいます。

 

f:id:shibuyaumeboshi:20180909001343j:plain

 

 

この後も何軒かはしご酒は続いたのですが、さすがに写真を撮る余裕はなく、ただただお酒とピンチョスとバルの喧騒を楽しみました。

 

前編・後編にわたりご紹介したサンセバスチャンDonostiaのバル、どこもおすすめです!近々再訪したい!