Hasta mañana! また明日

日々のこと、旅のこと、海外移住準備のことを綴っています。ブログタイトルはスペイン語で「また明日」の意味。

海外移住後も使いやすい日本の銀行サービスを比較

 

海外移住を見据え色々準備する中で、日本の銀行口座の維持をどうしようかと考えています。

*オットは海外企業現地採用者として勤務(日本企業の駐在員ではない)、私はその帯同家族として移住予定。

 

日本国で絶賛労働中の今は、2つの銀行口座を使用。

  • 三井住友銀行(自分の給与振込用・カード引落用)
  • 三菱UFJ銀行(二人の生活費口座)

 

どちらもメガバンクで海外居住者向けサービスがあるので、このまま口座は維持しようかなと思いつつ、ソニー銀行のサービスも気になったので、調べて比較した内容をまとめておきます!

 

f:id:shibuyaumeboshi:20180909171351j:plain

 

三井住友銀行の海外居住者向けサービス「SMBCダイレクト・グローバルサービス」

  • 月額利用料:216円

 

  • 提供サービス:残高照会、本人口座内の振替、国内振込、外国送金(送金受取人口座を登録しておく必要あり)

 

  • 申込書類:①申込書、②個人番号告知書、③本人確認書類コピー+マイナンバー通知カードのコピー(またはマイナンバーカード表裏のコピー)、④海外勤務証明書、⑤居住地国等の証明書

 

  • 主な留意点:届け出した海外住所宛に毎月取引総合レポートを送付。郵便不着等の理由で銀行からの送付物が返送された場合は、国内振込および海外送金の取引が利用できなくなる可能性がある。

 

申込書類④については、海外勤務予定先がない私は提出できない、つまり海外居住者向けサービスの利用はできないということでしょうかね。確認したら追記しようと思います。

 

申込書類⑤は、ビザのことかな?これも確認します。

 

SMBCダイレクト・グローバルサービス サービス概要 : 三井住友銀行

 

 

三菱UFJ銀行の海外居住者向けサービス「グローバルダイレクト」

  • 月額利用料:300円

 

  • 提供サービス:残高照会、利用明細照会、本人口座内の振替、国内振込、外国送金、定期預金、外貨預金住宅ローンの一部繰り上げ返済など

 

  • 申込書類:①届出印、②申込書、③パスポート、④【日本企業からの海外赴任の場合】日本企業の在籍証明(社員証や健康保険証など)、海外赴任証明書 【海外留学の場合】入学許可書など 【同行家族】同行するグローバルダイレクト契約者の申込書控え、または家族の赴任証明書

 

  • 主な留意点:銀行からの郵便物が届かない場合、サービス利用停止の可能性あり。本サービスは三菱UFJダイレクトのオプション契約なので、事前に登録が必要。また取引にはワンタイムパスワードカードが必要。

 

外国送金は事前登録のない先にもインターネットバンキングで送金が可能。自己資金を取り寄せるための海外口座が出国後に決まるケースがほとんどだと思うので助かる!

 

ちなみに利用金額は1ヵ月500万円相当までとのことですが、一般的な生活をしている人は十分ですね。っていうかそんなに送金することは私はまずないでしょうね。

 

そして従来このサービスを利用できるのは海外赴任者本人のみでしたが、2018年7月17日以降、利用規約が変わり、帯同する家族もサービスに申込めるようになりました!

 

グローバルダイレクト : トップ | 三菱UFJ銀行

 

 

ソニー銀行「Sony Bank WALLET」

  • 月額利用料:無料

 

  • 提供サービス:円預金、外貨預金、振込、国内他行からの振込金受取、国内外からの外貨送金受取

 

  • 申込書類:①出国先の国名が記載された住民票除票原本、②居住国の在外公館で発行された在留証明書原本、③パスポートのコピー(出国先の住所が所持人記入欄に記入済のページ・顔写真とサインのページ・外務大臣印のページ)

 

  • 主な留意点:居住地国で納税者番号が発行される場合は、届け出の必要あり。

 

ソニー銀行は円預金・外貨預金の両口座が作れる点と、キャッシュカード機能とデビットカード機能が一体化になったカードであるという点が特徴。

 

海外でもデビットカードとして利用でき、利用時は外貨預金から優先的に引落し。外貨がないときは円預金からその時のレートで引き落とされ、便利!

 

ということで、さっそくソニー銀行の口座も開設しました。

 

海外転勤・留学などをご予定の皆さまへ|MONEYKit - ソニー銀行 

 

 

f:id:shibuyaumeboshi:20180903222705j:plain

 

f:id:shibuyaumeboshi:20180903222727j:plain

 

 

三菱UFJ銀行とソニー銀行の口座があれば大丈夫そう!

緑の銀行は外国送金する口座の事前登録が必要ですが、赤い銀行は利用者目線のサービスに変わり利便性がよくなりましたね。

 

ソニー銀行のサービスも使いこなせば、スペインでの銀行口座まで時間がかかったとしても、当面は大丈夫そう。

 

三井住友銀行のサービス内容の不明点は窓口で確認しようと思いますが、口座維持費が月216円(=年間2,592円)かかるし、そもそも帯同家族はサービスに申し込めない可能性もあるので、三菱UFJ銀行とソニー銀行の2つの口座維持でいい気がしてきました。

 

 今後のマイナンバー制度改正はどうなる?

 2019年1月からは海外からの送金受け取り口座にもマイナンバー提出が必須となり、銀行にマイナンバーが届けられていないと海外から自分の口座宛に送られてきたお金を受け取れない可能性があるという噂を聞きました。

 

今後マイナンバーに関する制度は徐々に変わるので、情報収集して情報をアップデートしていくしかないですね。

 

金融機関における取扱い : 内閣府番号制度担当室 - 内閣府