Hasta mañana! また明日

日々のこと、旅のこと、海外移住準備のことを綴っています。ブログタイトルはスペイン語で「また明日」の意味。


スポンサーリンク


自分のために活躍する

世の中、女性の活躍を声高に謳っていますが、私たちだれのために活躍するんでしょうか。日本経済を向上させるため?会社の業績のため?

 

 厚生労働省 女性活躍推進法特集ページ

2016年4月から「女性活躍推進法」が施行され、301人以上の労働者がいる大企業は女性の活躍状況を把握し、課題分析することが義務付けられました。さらにその状況・課題をふまえた行動計画を策定・届出し、女性の活躍状況を公表することも必須となっています。

 

  

組織のルールを作るのは大変

日本企業はここまで法律で義務付けないと、女性の活躍機会を作れない。作ろうとしない。それは企業に限らず、これまで社会の組織のルールを作ってきたのは男性たちだから、どうすれば女性が持てる能力を最大限に発揮できるか分かりづらかったからなのかもしれません。

それに組織のルールを作るのってすっごく大変です。ビジョンを描き、事業計画を立て、実績管理し、仕事のフローを構築し、人も育てる…。このルールを作り上げてきた男性方は命をかけてエネルギーを仕事に注いできた。組織のルールを女性が作れば女性が活躍できるようになるのかというとそう単純なものでもなく、ルール自体がカオスになってしまったり、また違う不満が噴出する恐れもあり、なかなか難しいだろうなと感じています。

「組織」は男性的

そもそも「組織」というものは男性的という気すらします。軍隊っぽいといいますか。ビジネスや国策で「戦略」とか「戦術」を語るとき、長い歴史のなかで戦を通じて生き残ってきた男性のDNAが色濃く映し出されているなぁと感じるのです。

「コミュニティ」は女性的?

一方で、女性たちは自分の能力を限界まで組織(≒仕事)に捧げることを望んでいないことが多い。もちろん能力を活かしてだれかの役に立ちたいし、自立して生きていくためには労働し対価を得る必要もある。でも女性はエネルギーを使い果たしてまで組織に貢献し、それを幸せだと思う人は少ないのではないでしょうか。

女性は「組織」よりも「コミュニティ」のような柔軟性のある人とのつながりの中で誰かの役に立つことで幸福を感じ、能力を発揮しやすいのではないかと思います。

組織化された社会ではなく、コミュニティ的な社会になったら、女性はごく自然とのびのび能力を発揮していくような気がします。

 

 

男性が与えてくれるチャンスも配慮も軽やかに受け取る

大変幸せなことに、私自身は「組織」の中の望む部署でやりたい仕事をやらせてもらうことができました。そして男性の役員や上司にレベルアップのチャンスを与えていただき、組織への貢献と自分自身の成長機会を同時に実現することができました。この充実感はとても大きく、自信につながる経験をさせてもらい本当に感謝しています。

そして男性ばかりの部署でしたがみんないい人ばかりで、決して高圧的な態度をとられることはなく、寧ろ言葉遣いや行動に気を使っていただいていたなと感じます。嫌な思いはしたことがなく恵まれた職場でした。

それなのに、夫の海外転職に帯同し仕事をやめる(=組織を抜ける)ことをあっさり決断した私。女性活躍推進をしなければならない中で会社には申し訳ない気持ちもありますが、私にも自分の人生があります。

 

望むワークスタイルは人それぞれ。

働く女性の中には、転勤の心配なくエリア限定で働きたいとか、育児や介護で働ける時間に制限があるから長時間勤務はできないとか、マネージャーにならず職務を続けたいなど、色んな状況や考え方の人がいて、働きかたの理想や働く目的も多様です。

私自身は仕事は楽しくこの分野でならマネージャーも目指したいと思っていましたが、オットと物理的に距離が離れる人生は望んでおらず寄り添って生きることを最優先したかったので、組織を抜けてオットに帯同することにしました。これについては一点の後悔もありません。

 

だれのための活躍?

今までは自分の能力を会社という組織のために費やし、評価してもらい、お給料という対価をもらっていました。

自分の能力をどう使うのか?会社のため?日本社会のため?今こそ、この時流をうまく利用して、女性だからこその後押しやメリットを賢く使って、「自分のために自分を活躍」させちゃいましょう。

 

いまだからこその後押しがいっぱい

法律で「女性活躍推進」が施行されているくらいなので、私たち女性にとってはとてもラッキーなことにチャンスはたくさん転がっています。会社も私たち女性の能力を開かせるために色んな制度をつくったり、研修の機会を与えてくれたりしています。これを使わない手はない!

私は会社の人事部が公募制で募集していた研修に社費で参加させてもらい、色んなことを学ばせてもらいました。プロジェクトマネジメント、マーケティング、MBA基礎、広報、CSR…。その大義名分は組織における業務遂行・能力向上のためですが、知識やノウハウは自分のものになります。

会社を退職しても、社費で勉強させてもらった知識は私自身にあります。その時点では業務のための知識習得でしたが、人生なにがあるかわからない。今の時代だからこそのチャンスをポジティブに捉えて、自分の身になることをどんどん吸収しちゃうのが得策かと感じます。

 

同じ能力なら女性を採る

世の中こんな状況なので、同じ能力の男性と女性がいたら、組織は「女性」を選択します。なぜなら「女性活躍推進法」で女性の活躍状況を公表しないといけないから。これは女性にとってチャンスだし、細かいことは考えないで目の前に転がっているチャンスをさらりと掴まえれば新しい世界はいくらでも広がります。

 

すこしの勇気で世界が変わる

今までと違うことを始めることはドキドキする。最初は怖いけど、最初だけです。すこしだけ勇気をもって、目の前に転がっているチャンスを「いやいや私はいいんです」なんて言わないで、ちょっと勇気を出して「あらチャンスさん、こんにちは、よろしくね」と軽やかに握手すればいい。するとみるみる世界が変わるはず。

 

f:id:shibuyaumeboshi:20181119104441j:plain

 

ロールモデルは自分の中に

周囲の女性を見渡し、あの人のこんな所がいい、自分もこうなりたい、でもこんなのは無理…とひとりの人だけを掲げても、なかなかこの通りになりたい!と思えるようなロールモデルは見つからないもの。

でも素敵な女性は周りにたくさんいて、彩り豊かな個性が溢れているはず。先輩、同僚、後半。社外で出会った人。友人。家族…。

いろんな女性のいいとこどりをして、自分だけのロールモデルを自分の中に作り上げる。そうするといずれは自分がそうなっている。これまでの人生で出会ってきた素敵な人の行動や言動は、自然と自分の中に蓄積されていて、いつしか自分のモノになっています。

周囲の人たちのいいと思うところをリストに書き出すと、自分がどんな人を目指しているのかがわかりやすいと思います。

 

自分の幸せは自分で叶える

会社や仕事はあくまでも自分の幸せを叶えるための手段。会社の利益や経営目標達成のための手段に自分はならないと心に決めています。 

仕事をしていて息苦しさや自分の希望とのギャップを感じたらそのままにせず、違和感の原因はなんだろう?と自覚する。そして解決するために行動します。

それは自分の内面と向き合うことなのでしんどいかもしれないけど、会社のビジョンと自分の夢が完全に一致していない限り、違和感があるのは当然です。会社の存在意義と自分の存在意義が完全に一致するのは創業者くらいでしょう。

 

私にとって仕事は、自分の好きなことで誰かを幸せにすること。そのことに費やしたエネルギーの対価としてお金を得ること。

私にとっての幸せは、夫と人生を共に歩みいいことも悪いことも経験を共有すること。そして互いに精神的に自立し自律的な生活を送れていること。

夫も私もいつ何が起こるかはわからない。自分を律して、自立していられる精神的な豊かさを生み出せるよう、私はどこにいても価値を生み出せる仕事を作り、成長し続けたいと思っています。自分の幸せを叶えられるのは、会社でもオットでもなく、自分自身です。

 

思い続けると叶う

私はずっと人と違うことをしたいと思ってきました。一方で、みんながやっていることができないわけじゃないと証明もしたかった。

だから日本人のマジョリティーであるドメスティック企業のサラリーマンとしてもちゃんと実績を出せるし、組織や規律の中で信頼関係を築いたうえで、敢えて人と違う道を自ら選んで進むんだと、圧倒的な自信を持って宣言したかった。

日本企業の会社員としてやってきた自信は心の安定剤になるし、万が一日本に戻ってきても履歴書に書ける経歴があるというセーフティネットにもなります。

 

これまでは仕事は仕事と割り切って、好きなことは趣味でやるんだと思ってきたけど、これからは自分の感性を磨いて、ワクワクすることで仕事していきます。

自分の好きなこと、自分らしく生きることが収入になる。そんな人生を歩いていきます。

 

Hasta mañana!

 

 

 

www.hastama.net

 

www.hastama.net