Hasta mañana! また明日

日々のこと、旅のこと、海外移住準備のことを綴っています。ブログタイトルはスペイン語で「また明日」の意味。


スポンサーリンク


疲れた内臓の癒しかた

 

年末年始に向けて忘年会やクリスマス会に参加する機会が増えるシーズン。私も毎年この時期は飲み会に明け暮れておりました。

 

今年は11月末で会社を退職したことと仲の良い友人たちの出産をきっかけにそのような機会が減り、慎ましやかな12月を過ごしていますが、先月までは週6日飲み会という日々だったため、さすがに胃腸も肝臓もヘトヘト。内臓の疲れがわかるなんて、大人になった証だなぁ。笑

 

 

 

内臓疲れの感じかた

私が感じている内臓疲れはこんな感じ。

  1. 消化に時間がかかる
  2. 美味しいものをおいしく感じられない
  3. 口内炎や肌荒れになる
  4. 腰を温めたくなる

 

ふだんは男性と同じ量の食事をペロリと平らげるし、昼にたくさん食べても夕方にはお腹が空いてしまうほど大飯食らいの超健康体。

食べることが何よりも幸せだと感じる性質だけあって、胃腸が万全じゃないと「あれ?おかしい」とすぐに違和感を感知します。

 

f:id:shibuyaumeboshi:20181212172603j:image

 

 

消化不良で不快という悲劇

いつもは昼ごはんを12時頃に食べたら、18時には腹ペコ。だけど最近は食事が不規則だったことに加え、ほぼ毎日お酒を飲んでいたので、空腹にならないまま次の食事を胃に入れることに。その結果、消化不良…を毎日毎日くり返し。

胃腸に痛みはないものの、なんとなく胃に重苦しい不快感が続いていました。それって爽やかじゃないし、楽しい日々が台無しです。

先日、恐ろしい話を聞いたのですが、飲酒するとアルコールの分解に臓器の活動が最優先されてしまい、食事の消化が後回しになるため消化不良を起こす。これをくり返すと食べたものが正常に体外へ排出されないため太るという負のスパイラルに陥ってしまうそうです。あぁ恐ろしや。

 

美味しく感じないという悲劇

消化不良で胃腸がだるく重い状態だと、どんなに美味しい食べものを目の前に出されても心の底から美味しい!とは思えないもの。

美味しいものを美味しくいたたけないなんて本末転倒。美食を愛する者にとってはなによりも辛いので、自然にお腹が鳴るまではなるべく固形物を胃に入れないようにしたい。

そんなとき最近はスペインで買ったマンサニージャ(カモミールティ)を飲みます。マンサニージャは消化促進の作用もあるみたいだし、カモミールの香りと優しい味で胃腸と心が癒されます。

 

肌荒れするという悲劇

悲劇は続きます。内臓が疲れ続けると吹出物や口内炎ができ、麗しくない状況に突入。見た目に影響が出ると強いストレスを感じるし、ここまでくると周りの人から心配されます。

口内も皮膚も人の身体の一部で内臓とも繋がっているから、内臓が疲れれば肌が荒れるのもあたりまえですかね。

 

 

寒気が止まらないという悲劇

さらに内臓の動きが悪くなると身体の内部の温度が上がらず、身体の芯が冷えているように感じます。

私の場合は右の腰あたりがだる重く冷えてきて、ホッカイロやお灸を当てたくなるのである。右の腰って、ちょうど肝臓さんやないかい。脂肪肝とか肝硬変にならないように休肝日作ってホドホドにしなきゃ…

 

 

画像出典元:コトバンク

肝臓のしくみとはたらき(かんぞうのしくみとはたらき)とは - コトバンク

 

 

疲れた内臓の癒しかた

ただいま絶賛疲れた内臓癒し中なので、その方法を記録しておくとともに、僭越ながらご紹介いたします。

 

【出かけるとき】カイロで仙骨を温める

仙骨のあたりに貼るホッカイロを貼って腰〜と腹部をあたためます。(ホッカイロは衣服の上から貼る!)

 

【帰宅後】入浴で全身を温める

お風呂に入浴剤を入れて30分くらい半身浴。身体の芯を温めると内臓にも血が巡り、翌朝は活発に動き出す気がします。

 

【夜寝る前に】お灸で肝臓のツボを刺激する

足の裏の肝臓のツボ、ふくらはぎ、そしてだる重くなっている右の腰にお灸をして、熱気持ちよさを感じるまで据えます。

 

【週1~2回】運動で汗を流す

内臓のお疲れは、体内に取り入れたモノが、体外に排出される量よりも多いと起こる気がします。なので時間を見つけて30分ほど走って汗を流す!軽く息が弾むリズムで、うっすら汗をかく程度でじゅうぶん。走り終わるとフェイスラインとふくらはぎがスッキリするので、むくみには効果てきめん。

 

 

 

いつまでも美味しく食べるため

いつまでも健康でいたいし、自信を持てる肌やスタイルでありたい。そしていつまでも美味しいものをおいしく食べたい。笑

我ながら欲望が強くて呆れますが、自分の内臓は自分しか労ってあげられません。

だからこそ、内臓がお疲れ気味だと感じたときはしっかり癒してあげたいと思う今日この頃です。

 

 

 

www.hastama.net

 

 

www.hastama.net