Hasta mañana! また明日

カオスな思考を整理して自分再構築中。ブログタイトルはスペイン語で「また明日」の意味。


スポンサーリンク


退職後〜出国までの手続きまとめ(住民票の転出届、国民年金)

 

ようやく年内に日本を出国します!

 

とは言ってもまだスペインのビザがおりていないので、一旦はオットがいるシンガポールに滞在。

オットの会社によると1月中にはビザの動きがありそうなので、→連絡が来たらシンガポールから日本に帰国→日本のスペイン大使館でビザ取得→スペインへ向けて出国という流れになる予定です。

 

スペイン移住までの道のりはもう少し続きそうですが、ひとまず日本の住民票は抜いたし、ビザ以外の細々とした手続きは整いました。(たぶん)

 

退職してからの約1ヶ月間のあいだに行った手続きの数々は、今までの仕事の大変さやプレッシャーに比べたら自分ごとなので気楽なものですが、段取りよく&漏れなく進めるにはけっこう頭を使いました。

 

記録として残しておきます!

 

 

区役所での手続き

住まいの市区町村の役所で行った手続きは、「住民票の転出届け(国外)」、「マイナンバーの返却」、「住民税の通知送付先の転送届け」です。

f:id:shibuyaumeboshi:20181229175144j:image

 

※お子様がいる方や介護保険を受けている方などは他にも必要な手続きがあると思いますので、詳細はお住まいの市区町村窓口へご相談いただくことをおすすめいたします。

 

住民票の転出届(国外)

区役所のホームページには、転出届けが出せるのは海外転出予定日の14日前からと書いてありましたが、16日前でも手続きしてくれました。必要なものはこちら。

身分証明書(運転免許証かパスポート等)
マイナンバーカードまたは通知カード
国民健康保険証(加入している人のみ)
住民基本台帳カード(持ってる人のみ)
 

 

マイナンバー返却

住民戸籍課の窓口で海外に引っ越すことを伝えたら、上記の住民票国外転出手続きと、マイナンバーの返却を同時にやってくれました。

f:id:shibuyaumeboshi:20181228001525j:plain

 

住民税の通知先転送届

私が住んでいた区の区役所では、住民票の海外転出届けは住民票課で手続きして、住民税の通知先転送は税務課という違う課で行いました。

 

国民健康保険

私の場合は11月末まで会社員だったので、12月からは国民健康保険に切り替えなければならないのではと思いましたが、12月末には国外への転出予定なので窓口で相談したところ、今から加入手続きしても1ヵ月に満たないので国民健康保険の手続きはしなくてもいいですと言われました。

ただし万が一病院にかかることがあっても保険証がないため全額自己負担になります。わたしは絶対風邪ひかない!ケガしない!と心に決めて、加入しないことを選択しました。

 

年金事務所での手続き

日本に住んでいる20〜60歳の人で厚生年金に加入していない人はすべて国民年金に加入する必要があります。

私の場合は11月末まで会社員だったので会社が厚生年金を支払ってくれていましたが、12月からは無職。

そしてオットは日本企業で働いていないため(イギリス企業のシンガポール採用)、日本でオットの扶養に入ることができません。

私は12月末まで日本に住民票があるため、国民年金第1号被保険者(※)として加入義務が生じ、12月分の年金を支払う必要があります。

 

※国民年金第1号被保険者:学生、農業従事者、無職、年間130万円以上の収入がある扶養家族など

 

任意加入申出

12月までは日本に住民票があるため国民年金の支払いは義務ですが、1月からは日本に住民票がないため、国民年金の支払いは必要なくなります。

ただしシンガポールには日本の年金のような制度がないこと、スペインの社会保障制度にいつから加入できるかまだわからないことから、当面は日本の国民年金に任意加入することにしました。

 

任意加入期間の年金前納

区役所の年金課で任意加入申出をした後に、年金事務所の窓口へ行き年金前納の納付書をもらいました。とりあえず2019年3月分まで銀行で前納支払い完了。

それまでにスペインの社会保障制度に加入できれば、日本の国民年金任意加入は解除するつもりです。

 

任意加入資格喪失申出の準備

国民年金に任意加入すると自ら申し出ない限り年金の支払いが続きます。

スペインで社会保障制度に加入した後は日本とスペインの年金を二重で支払うことになってしまうため、日本にいるうちに国民年金の任意加入資格喪失申出の書類をもらっておき、いつでも日本の年金任意加入をストップできるように準備しておきました。具体的には、

  • 国民年金任意加入資格喪失申出書類の必要事項はあらかじめ自分で記入しておく。
  • スペインで社会保障制度に加入したら、日本の家族に資格喪失年月欄だけ記入してもらい、代理でポスト投函してもらう。

これで日本とスペインの年金制度に二重支払いしなくてオッケーです。

 

 

何事も事前準備が大切だよね 

手続きはまだまだあるのですが、長くなったので次回に続きます。はじめての海外移住にあたってどんな手続きをする必要があるのかまったくの無知からスタートしましたが、ネットでの情報収集のおかげでかなり楽でした。

  1. まずネットで海外移住経験者のブログやまとめ記事を探し、移住までに必要な手続きのおおまかな段取りを確認。
  2. 次に市区町村のウェブサイトや年金事務所のサイトで最新情報を確認。(ブログ等に書かれている情報は記事作成時点のものなので最新情報を把握)
  3. 質問事項や相談したい内容をあらかじめ整理しておく。
  4. 実際に区役所などに足を運び窓口で相談したり手続きをする。

 

このプロセスをふむことができたので、スムーズに物事が進み、心軽く日本を出国できそうです。

仕事にかぎらず、何事も準備することって大切なんだなぁと実感した師走でありました。