Hasta mañana! また明日

日々のこと、旅のこと、海外移住準備のことを綴っています。ブログタイトルはスペイン語で「また明日」の意味。


スポンサーリンク


退職後~出国までの手続きまとめ3(失業保険、国際免許他)

 

前回と前々回に引き続き、出国までに行ったその他の手続きをドバっとまとめて書いていきます。

 

f:id:shibuyaumeboshi:20181229120759j:image

 

 

 

雇用保険(失業保険)の受給期間延長申請

通常は仕事を辞めてから次の仕事を探しているあいだ、3ヶ月の待機期間が終わると失業保険が給付されます。

私ように退職後オットの海外勤務に帯同する場合、退職後すぐには日本で求職活動できないためこれに当てはまりませんが、1〜2年後に日本に帰国し仕事を探すことになるかもしれません。

そういった事情に備えハローワークに相談しにいったところ、「特定理由離職者」と判断されるとのことで、雇用保険(失業保険)の受給期間(受給開始日)を延長できることがわかりました。

https://www.mhlw.go.jp/content/11600000/000371608.pdf

 

 

雇用保険の受給期間延長申請をするためには、以下の書類を揃え、出国後にハローワークへ送付する必要があります。

 

必要書類はこちら

  • 雇用保険被保険者離職票ー2
  • 受給期間延長申請書
  • 住所および年齢の確認できる官公庁発行の書類のコピー(運転免許証は両面コピー)
  • 配偶者との続柄確認資料(世帯住民票、除籍票など)
  • パスポートのコピー(顔写真、出国スタンプ、ビザ)
  • 配偶者の転勤辞令のコピー(配偶者氏名、派遣される国名、派遣される期間、会社名・代表者名・印のあるもの)
  • 返信用封筒

 

出国後でないと日本出国スタンプが押してあるパスポートのコピーが送れないため、日本にいる家族などに代理送付をお願いしましょう。

 

※受給期間延長申請書の備考欄に国内で連絡の取れる親族の氏名・続柄・電話番号・住所などを記入します。

※手続きは早期にすることが原則ですが、延長後の受給期間の最後の日までの間であれば、申請は可能。

※出国した日から最長4年延長可能。

 

 

運転免許証

日本ではペーパードライバーで運転免許はもっぱら身分証明書として携帯していました。海外での運転はなるべく避けたいけど、免許があればいざという時に便利だと思い国際免許を申請。

 

日本の運転免許の更新

たまたま12月が更新月だったので更新。現住所が変更になったけど(海外転居)、まだ国内連絡先の変更をしていないので、次回帰国したら警察署でやらねばなりません…。

国内連絡先の変更を怠ると、運転免許の更新ハガキが受け取れずに免許失効してしまう恐れあり。ご注意!!

 

国際運転免許証の申請

都民だったので新宿都庁の免許センターで申請しました。朝の9時前に行ったので混雑してなくてスムーズに申請して受け取れました。費用は2,350円。

外国免許・国外運転免許証関係 警視庁

 

f:id:shibuyaumeboshi:20190108173554j:image

 

スペインのビザ関連

ビザの取得申請は雇用主であるオットの会社側とスペイン国での手続きに時間かかっており、現在進行中です。オットの会社に取得するよう言われた書類を準備しました。

 

渡航証明(犯罪経歴証明書)

桜田門の警視庁で取得。申請してから約2週間後にもらえました。費用はかかりません。

申請する際、すべての指の指紋を全角度でしっかり採取されました。このように指紋を取るため必ず本人が赴き申請する必要があります。犯罪経歴証明書は本人開封厳禁です。

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/smph/tetsuzuki/toko/toko.html

 

大学の卒業証明書&成績証明書(英語)

これはオットの会社から提出するようには言われていませんが、念のためもらっておきました。

 

 

12月に行った書類関連の準備は以上です!

 

 

日本出国時はアレをお忘れなく!

今年も残りわずかとなりましたが、こちらは無事シンガポールに到着し、温暖な気候と快適なホテル暮らしをしばし満喫しています。

 

 

ですがちょこっと備忘をかねて注意事項を。

 

羽田空港や成田空港では日本出国時の出国審査が顔認証になりました。

そのため行列ができず時間短縮されて楽で便利だ〜と呑気に通過してしまいましたが、危うくパスポートにスタンプを押してもらい忘れるところでした(先述の失業保険延長申請は日本出国日がわかるパスポートのスタンプ押印ページのコピーが必要)。

その場にいたスタッフの方に事情を説明したところすぐスタンプを押してもらえたので事なきを得ましたが、これまでの準備が水の泡になるところでした!

 

空港はワクワクしたり、なんとなく焦ったりしがちなので、落ち着いて行動する大切さをあらためて実感。

 

みなさまはどんな年の瀬を過ごされていますか?みなさまの年末が穏やかな日々になりますうように!