Hasta mañana! また明日

日々のこと、旅のこと、海外移住準備のことを綴っています。ブログタイトルはスペイン語で「また明日」の意味。

グリーンスムージ飲んで口内炎ができた。これって好転反応?

「毎朝グリーンスムージー飲んでます」と言えば美意識高い女性のようですが、私の場合は日々の食生活ではまったくと言っていいほど摂取できていない野菜を補充するために飲んでいます。美容効果を感じられたら、それはもちろんうれしいけれど。

 

グリーンスムージーを飲む目的

先に申し上げた通り、私がグリーンスムージーを飲み始めた目的は野菜不足解消です。お酒飲んだりラーメン食べたりの日々なので、実家から使ってないブレンダーをもらい、朝食代わりにできるだけ作って飲んでます。

 

野菜不足解消にはグリーンスムージーが最適なのか?

野菜不足解消が目的だと軽やかに言い放ちましたが、ブレンドしているのはほとんど果実。バナナ、キウイ、オレンジ、グレープフルーツなどの果実のうち2~3種類を入れています。

 

野菜は水菜か小松菜を半~1株だけ。それ以上葉野菜をいれたら青くさくて飲みづらくなるので…。

 

果実:野菜の比率は5:1といったところです。この配分だと「野菜不足解消」というより「果物をたくさんとれるようになりました」程度かと思われ、「野菜不足」を本気で解消するなら、山盛りサラダで生野菜を摂るか、野菜スープや鍋料理で火を通した野菜をたくさん食べるほうがいいと思えてきました。

 

グリーンスムージーを飲む人は「酵素」を摂るのが目的?

Google検索でグリーンスムージーに関する色々なサイトを見ていると、野菜不足解消というよりも「ダイエット」や「老化防止」といった栄養摂取の先にある効果のためにグリーンスムージーを飲んでる人が多いということがわかりました。

 

加熱によって失われてしまう「酵素」や「ビタミン」を効率的に摂取できる点が、グリーンスムージーの利点のようです。また食物繊維もとれるので便秘解消にも効果的だとか。これは私も効果を感じています。もとからお通じはあるほうですが、おなかにガスが溜まりにくくなりなめらかで健やかなおトイレタイムになったと実感しているこの頃です。

 

健康のために飲んでるのに口内炎ができた

悪いものは入ってないし、酵素やビタミンや食物繊維が摂れるし、美意識高そうだし、体にいいことしかなさそうなグリーンスムージーですが、なぜか私は飲むと口内炎ができます。

 

普通逆でしょ?と思わずツッコミたくなります。こんなに体に良さそうなもの飲んでたら口内炎もニキビもシミも消えるんじゃないの?と思うのですが、不思議。

 

口内炎は半日〜1日で治るので特段困ることはありませんが、何故できるのでしょう?

 

 Googleで調べてみた。

 

「グリーンスムージー」「口内炎できる」でググってみたら、『口内炎ができるのは好転反応だ』というポジティブな見解がある一方で、『いや身体に合ってないのだ』という説があったりして、イマイチすとんと納得できる理由が見つからない…。

 

 

「好転反応」説

好転反応という症状はわかるような、わからないような…。そういえば2ヶ月くらい前に1日だけ38℃の発熱をしたことがありましたが、その時もほぼ毎日グリーンスムージーを飲んでました。熱が下がった後、宿便のようないつもと違うお通じがあり少し痩せて、デトックスされた気分になりましたが、あれは好転反応だったのかしら?

 

「野菜が体にあっていないだけなんじゃないか」説

ただ単に野菜が体に合っていないとか、生野菜のスムージーを飲んで胃がビックリするとか、体が感じる違和感が口内炎として現れているのか?

 

ちなみに今日は小松菜、バナナ、キウイ、ミニトマトを入れました。

 

とりあえず様子見で。

うーん。ミックスする野菜を変えて様子をみてみようと思います。

 

実験、実験。

 

f:id:shibuyaumeboshi:20180813072621j:image

写真は小松菜なしVersion。水菜・グレープフルーツ・キウイ・バナナをミックス。美味しい!