Hasta mañana! また明日

日々のこと、旅のこと、海外移住準備のことを綴っています。ブログタイトルはスペイン語で「また明日」の意味。


スポンサーリンク


スペイン語学習に使っているモノ(アナログ編)

 

シンガポールで過ごす約1ヶ月の間に後回しにしてきたスペイン語の勉強をがんばります!

 

集中力がある午前中のうちにやらないと一日中ダラけちゃうので、毎日3時間、朝9時〜12時はスペイン語のお勉強タイムにあてることを日々の基本ルーチンに(まだ始めて数日だけど)。

 

勉強の成果のほどは未知数ですが、今現在、スペイン語の勉強に毎日使っていて役立っているモノたちをご紹介します。

 

 

 

デジタルとアナログ、どっちもいいところがある

教材はこれひとつだけ!というわけにはいきませんが、シンガポールに持ってきた教材は時間がある時にサクッと勉強できるようコンパクトであること、必要最低限かつ今の自分に最適な基礎勉強ができることを念頭に選びました。

 

スマホアプリだけで勉強すれば、ほぼ手ぶらでオッケーなのは分かっていますが、アプリ教材はゲームしているようなライトな感覚と言いますか、昭和生まれの性分なのでアナログな冊子型ドリルの練習問題を繰り返しノートに書くという方法が一番「私ちゃんと勉強してる〜!」という気分になれるのです。

 

もちろんスマホアプリもとても便利で大活躍!アナログとデジタルのどちらにもいいところがあるので、知りたいことや利用シーンによって使い分けたり、両刀遣いしています。

 

アナログ四種の神器

 アナログなスペイン語お勉強グッズはこちらの4点!左上から

  • 文法ドリル
  • ノート
  • 薄い子供向け本
  • 西和・和西辞書

 

f:id:shibuyaumeboshi:20190108194120j:plain

 

1. 極める!スペイン語の基本文法ドリル

練習問題がたくさんあるのでとにかく毎日これをやっています。今は無理なく一日一単元ずつ進めています。10問中7問不正解とかはザラで、間違えまくりで凹むけど、まずは練習問題を解いてなぜ間違えたのか知ることが大事!と割り切り、ひたすら愚直にスペイン語に触れる。単語を知る。活用を知る。用法を知る。今のうちにインプットたくさんしておくことによって、スペインに行った後のアウトプットの質も変わると信じてます。

 このドリルが終わったら同じシリーズの接続法ドリルと動詞ドリルをやる予定。

 

 

 

2. A5ノート

ドリルの相棒。無印良品のなんでもないノート、文法ドリルと同じA5サイズです。練習問題の解答を書きなぐっています。ドリルに答えを書きこんじゃうと繰り返し練習問題解けないからね。

 

 

3. 1984 EL AÑO QUE TÚ NACISTE

おみやげでもらったスペイン語の冊子。生まれた年に起こった出来事が記されています。私の生まれ年の1984年版は、アメリカ合衆国でレーガン大統領が就任したとかウルグアイの独裁が終わった年らしいです、政治的な出来事から、社会、スポーツ、流行ったものまで短い文で簡潔に書かれていること、薄くて軽いから持ち運びしやすいこと(全24ページ)が気に入っています。街歩きするときもバッグに忍ばせて、カフェで休憩するときパラパラとページをめくってはわからない単語を調べてます。

f:id:shibuyaumeboshi:20190111115141j:image

f:id:shibuyaumeboshi:20190111114124j:image

 

4. スペイン語ミニ辞典(和西・西和)

10年以上前、大学生だった頃に使ってた辞典。これだけは捨てずに取っておいたのが役立っています。といいつつ辞典はアプリをメインに使っていますが、紙のいいところは一目で全体を俯瞰して見ることが可能なところ!あと、アナログ派の私の脳に記憶させるには、覚えられなかった単語にぐりぐりマークするという作業が必要みたい。

f:id:shibuyaumeboshi:20190111115151j:image

f:id:shibuyaumeboshi:20190111114154j:image

 

 

スペイン語の勉強で使っているアプリは別の記事でご紹介します。

 

では今日も良い一日を♪

 Hasta Mañana !また明日!