カオスなあたし。クリアなあした。

カオスな頭の中を整理して意識をクリアにしたら夢がどんどん叶いました。たくさんの人に夢を叶えてほしいのでそのコツを記事にしていきます。(コンテンツ整理中)


スポンサーリンク


スペイン語のスカイプレッスンはじめました

 

スペイン語のスカイプレッスンをはじめました!

 

今はシンガポールに滞在していますが、今後スペイン移住予定のため(ビザがなかなか進まないけどその予定)、独学でスペイン語を学習しています。

 

大学時代にスペイン語を学んでいたものの、しっかり身に付けられずに卒業してしまいました。そのため旅行する程度ならスペイン語に困りませんが、生活するには心許ない語学力。海外生活は初めての経験。それなりに言葉を理解できるように準備しておきたいというのが、学習の動機です。

f:id:shibuyaumeboshi:20190219134244j:image

 

 

独学のモチベーション維持ができないヘタレです

ここのところ参考書やアプリでの独学に飽きて、気合いが入らない日々が続いていました。参考書を解き進むにつれ問題が難しくなってきて、10問解くのに30分かかり、正答率は2~3割。励ましあう仲間もおらずスペイン語学習のモチベーションが下がってまいりました。

スペイン語学習に使っているモノ(アナログ編)

スペイン語学習に使っているモノ(アプリ編)

 

その一方で、繰り返し問題を解き続けたおかげか10年以上のブランクですっかり忘れていたスペイン語の勘は取り戻しつつあります。スペイン語独特のリズム感とでも言いますか。

 

そんなこんなで、そろそろ次のステップに進むタイミングだと判断し、かねてから気になっていたスペイン語のスカイプレッスンにチャレンジしてみることにしました。

  

英語に比べて選択肢が少ないスペイン語のオンラインレッスン

ネットで調べると日本語で対応しているスペイン語のオンラインレッスンの大手は、2つのようです。英語のスカイプオンラインレッスンは世に溢れていますが、スペイン語は選択肢がミニマム!優柔不断人間にとって二択は助かる。

 

「スパニッシュ・オンライン」と「スパニッシモ」

私がサイトを見て比較したのは「スパニッシュ・オンライン」と「スパニッシモ」。どちらもスカイプを使ったレッスン形態です。グアテマラ人の講師を中心に展開されているところも共通点。グアテマラのスペイン語はクセがなく日本人の私たちにも聞き取りやすいそうです。

 

Skype for iPhone

Skype for iPhone

  • Skype Communications S.a.r.l
  • ソーシャルネットワーキング
  • 無料

 

 

2つを比較してみた

「スパニッシュ・オンライン」と「スパニッシモ」の2つをざっくり比較しました。記載している情報や価格は2019年2月現在のものです。(税抜表示)

 

●スパニッシュ・オンライン(→オフィシャルサイト

f:id:shibuyaumeboshi:20190219112949p:plain

 

●スパニッシモ(→オフィシャルサイト

f:id:shibuyaumeboshi:20190219113047p:plain

 

 

比較ポイント(主観です)

しっかりとスペイン語に取り組みたいなら、1回50分の「スパニッシモ」で月20回(週5回)向き合うのがよさそう。

またスパニッシモは社会課題の解決を設立目的に掲げていて、低所得者層であるグアテマラの人たちの雇用創出に貢献する意識を持って展開されていて立派な志だなと思いました。サービスを使う立場からしても、広く深い視野で事業を行う若い人は応援したくなります。

 

忙しい日も腰が重い日でもサクッと25分スペイン語に触れ続けるのであれば、1回25分の「スパニッシュ・オンライン」が柔軟に取り組めて向いていそうです。

スパニッシュ・オンラインのサービスでは、訪日スペイン語圏観光客のアテンドができるアクティビティに興味を持ちました。今はシンガポールにいるので一時帰国したら…ですね。社会課題への取り組みとしては、「グアテマラの子供たちの就学支援プロジェクトを応援しています」とホームページに書いてあり、支援先のリンクが貼られていますが、どのような形で関わりどの程度支援しいるのかは不明。

 

ネットの評判などを見る限り、どちらも講師の質がよく、サポート体制もきちんとされているようす。生徒さんの満足度も高そうなので、スカイプレッスンに費やせる時間や、毎月の予算によって最適な方を選ぶのがいいと思います。

 

体験レッスンに申し込み

私の場合は昔から「お勉強する」ことが苦手で、机の前に長く座ると思うだけでハードルが上がるため、まずはレッスン時間が25分と短い「スパニッシュ・オンライン」の体験レッスンに申し込んでみることにしました。

 

初対面の先生と、スカイプレッスン

中学・高校生時代は長電話が大好きだったのに、いつから電話を早く切りたくなる性質になってしまったのでしょうか。しかも赤の他人とスカイプで30分近くも顔を見ながら話せるのかしら。スカイプなんて遠距離恋愛カップルが使うやつじゃん。いやいや向こうはプロフェッショナルのセンセだから大丈夫でしょう。ちゃんとカリキュラムとやらがあるんだろうし。なんてウダウダと悩んでいましたが…

 

スカイプレッスン、た・の・し・い!!笑 

 

体験申し込みしたときにたまたまタイミングよく時間が空いていた先生を予約しましたが、明るくおおらかな人柄でゆっくり丁寧に会話してくださり、緊張はすぐに解け、あっという間の25分間でした。

 

初回の体験レッスン後、翌日も同じ先生を予約。2回の体験レッスンを受けてみて満足し、引き続きその先生にスペイン語を教えていただきたいと思ったので、スパニッシュ・オンラインの月額コースに申込ました。

 

あなたの笑顔に会いたくて…月額コースに申込み 

私がスパニッシュ・オンラインに申し込んだ決め手は、以下です。

 

  • 25分のレッスンで気軽に受講できる
  • 物足りなければ2コマ連続受講して50分にすることも可能(柔軟に対応できる)
  • 訪日スペイン語圏観光客アテンドのアクティビティに参加したい
  • たまたま体験レッスンを受けた先生との相性がよかった

 

体験レッスンを受ける順番が逆で、スパニッシモの方で相性のいい講師と出会っていたらそちらに申し込んでいたかもしれません。

 

その点は運と縁とタイミングなので人によって違うと思いますが、なによりも一人で黙々と問題集をやるよりも、センセとお話できるって楽しい。

 

いま珍しく孤独感を味わっているので、人と話せることが嬉しくてレッスンが楽しみです。最近シンガポールでロスト・イン・トランスレーション状態に陥っていたので、ラテンノリの明るい先生の笑顔が心のサプリメントになっています。笑

 

www.hastama.net

 

 

朝イチでレッスンできてありがたい

中南米のグアテマラは、日本(や私が今いるシンガポール)と13~4時間の時差があります。時差の関係でスカイプのレッスンはこちらの早朝〜午前中、または夕方〜夜中の時間帯。

私は夜はゆっくりしたい派なので、朝7時からレッスンを受けています。おかげで午前中を有効に使えてありがたい! 

 

今のところは、二人の先生に教えてもらい、25分でサクッとやるレッスンと50分でしっかり教えてもらうレッスンを交互に入れています。

  • 火曜日 25分(先生A)
  • 水曜日 50分(先生A)
  • 木曜日 25分(先生B)
  • 金曜日 50分(先生B) 

 

いずれの日も復習や単語調べも含めてトータル2,3時間スペイン語学習にあてるようにしています!集中力なくてできない日もあるけどね。

 

地球の裏側にいる先生とコミュニケーションできる時代に感謝

日本で仕事をしてたときはオフィスから2駅、徒歩でも30分以内の場所に住んでいました。住職近接で便利であることを最優先していたので満足していましたが、行動範囲を自ら狭く設定してました。

 

シンガポールにいる今も、日々の行動範囲は狭い。というかシンガポールという国自体が狭いので2ヶ月もいると飽きてきます。

 

そのような日々の中、スカイプでオンラインレッスンすれば地球の裏側にいるセンセとお話できる。

物理的に距離が遠い人とコミュニケーションを取ることは、想像力を掻き立てワクワクすることでもあると感じています。

 

スペインでの生活を楽しめるように、オンラインレッスンを楽しみながらがんばりまーす!