カオスなあたし。クリアなあした。

カオスな意識をクリアにする。夢を叶える。ゆるくシンプルに生きる。


スポンサーリンク


ネガティブスパイラルに嵌まった時の脱出方法

3月!もうすぐ春ですね。

 

年末~3月はシンガポールで過ごしているので、厳しい冬の寒さの中に小さな春を見つけるような季節感はまったくありませんが、ただただ「3月」という語感に春を感じてます。そして月の変わり目に2月に書いた記事を見返したらどんだけ暗いんだ!と自分にツッコミたくなりました。笑

www.hastama.net

 

自分とゆっくり向き合いたかっただけなのに

昨年までは仕事で多忙を極め、自分とゆっくり向き合う時間が取れなかったので、退職後は自分の考えていることを文章にアウトプットしたり、自分と向き合う時間を持つことを楽しみにしていました。

 

が…

 

忘れてました…

 

わたしは超ネクラだってことを!!!

 

自家中毒気味のネガティブ思考

そんな生まれ持ってのネクラな私が自分と対話していると、どんどんネガティブ思考になり、不安が増大し、具合が悪くなる、というループに嵌まるいわゆる自家中毒症だということを思い出しました。一人で頭の中の自分と会話してるとほんとダメだわ。

 

この間オットに「わたしのイヤなところを3つ言って?」と聞いてみたところ… 

  1. ネガティブ思考にハマるととことん堕ちるところ
  2. 心配性すぎるところ
  3. ボディタッチがくすぐったいこと。笑

 

の3つを指摘されました。3つ目はさておき、1.と2.は昔から変わってないなぁ。さすがオット。

 

ポジティブな時の行動パターン

「ネガティブ思考にハマる」、「心配性すぎる」という短所が目立たずに過ごせる時を振り返ってみると 

  • 色んな人と遊んでいた
  • がむしゃらに仕事していた
  • とにかくフットワークが軽かった

 

という行動をとっていた。今の自分は一つも当てはまらない!笑

 

ネガティブ・スパイラルに嵌まる時の思考パターン

そこで、ネガティブ・スパイラルに嵌まる時の自分の状況を分析してみました。わたしがネガティブな思考に囚われるのは

  • 一つの出来事をキッカケに起こってもいない悪いことを考え続ける
  • 目の前のこと(現実)に興味がなくなる
  • 一人で過ごしたがる

 

こんな傾向がある。

「考える」という行為自体は悪いことじゃないけど、生産性のないことを考え“続けて”しまうのは時間の無駄。この思考の渦から抜け出せなくなるのが一番の問題。

 

やっぱり友達や同僚と一緒にいるときは、まわりの人に笑顔でいてほしいから自然と自分も笑顔になっている。笑顔の表情をしているときはネガティブ思考するのが難しいから、好きな人たちと過ごしている時間はポジティブ思考になってるのかなと思います。

 

好きな人との会話は楽しい

最近の楽しみはスペイン語のスカイプレッスン。

www.hastama.net

 テクノロジーのおかげで、シンガポールに滞在しながら、地球の裏側・南米グアテマラにいるスペイン語講師と会話レッスンができる。ありがたや。そしてラテンノリの先生は明るく優しくて、会話してると幸せになる。スペイン語はまだよくわからないけど、なんとなく言葉のリズムとか会話するときの表情なんかで、ラテンノリが伝わってくる。

 

だけど先週は楽しみにしていたスペイン語のオンラインレッスンがスカイプの不調で途中休講になってしまいました。

地球の裏側の辺鄙な街のネットインフラが不安定であるがゆえに起きる事象なのに、ネガティブ・スパイラル真っ最中の私は、「人を遠ざける負のオーラが出ているから、スカイプの調子が悪いんだ」と考えてしまうありさま。末期だ。笑

 

苦手な人との会話は苦行

好きな人との会話は楽しみな一方で、苦手に感じる人との会話は苦行でしかありません。滞在先の同じフロアの住人が時々話しかけてくれるので、最初は話し相手になってくれてありがたかったのですが、だんだんボディタッチしてきたり、洗濯物を覗き込んできたりと、パーソナルスペースを縮めてくるようになり、徐々にその行動にビビってしまい、最近は避けて生活しています。 

 

親しくなれば英会話の練習相手として最高なんだろうけど、「今着ているのはスポーツブラ?」「背中のデザインはどうなっているの?」みたいな、答えたくない質問をされると「は?」と思ってしまい、「なんで私がこの人のデリカシーのない質問に英語で、頭使って、答えなきゃいけないの?」とネガティブ思考が始まる。

 

ここで「嫌なことを聞かれたときの想定問答集~英語版~」を作ろうと思ったけど、その作業自体がネガティブだし、調べながらまた嫌なことを考え出してしまうので、その人は無視することにしました。ネガティブ思考に嵌らないためには、思考のきっかけとなる事象を遠ざけて関わらないことも大事。

 

思考が渦巻いて止まらないときは、とりあえず動く

思考の渦がぐるぐる止まらないときは、なんでもいいからとりあえず行動するに限ります!

運動する、料理する、絵を描く、エクセル作業する、歩く…なんでもいい(食べる・寝るはNG)。

 

その行動に集中できれば、ぐるぐると渦巻く思考は止まります。そこに至るまでが長いのですがね…。

 

プチ瞑想が効果的

で、そんな時に効果高いのが「プチ瞑想」!この本で練習中なのですが、

 

頭の中が騒ついて どうしようもない時は、この本を読んで瞑想の練習をします。そうすると不思議とネガティブな思考は止まって行動できるんですよねー。ほんの数分間でも、呼吸に意識を集中していると、頭の中がスッキリして行動できる。瞑想ってふしぎ。

 

最終手段はビールやで。

それでもね、ふと休憩すると、ネガティブ思考の無限ループが再開しまうときがあるんです。

もうね、そんな時はね、ビール飲むよね。たとえ昼からでも。

 

そもそも日本にいた時は飲む気がなくても飲みに行こうと誘われるがままに出かけていたのが、海外来てから飲み友が居なくなって飲む機会も喋る時間も減ったのだから、そりゃマインドの調子も狂うわけですよ。

で、頭の中の自分というオトモダチと会話しちゃって天手古舞に。

 

でもおかげさまで学習しました。

 

ネガティブスパイラルに嵌った時は、

 

行動するか、瞑想するか、ビール飲むか、で解決。

 

どんな状況であろうとも、しなやかに、潔く、軽やかに適応できる大人の女性でありたいものですが、その理想はなかなかのハイレベル!

そんなヘタレな自分を認めて、昼からビールを飲んだら、心がやっと解放されて、ネガティブ思考のスパイラルも遠ざかっていったのでした。

 

ビールがあれば、なんでもできる。

f:id:shibuyaumeboshi:20190301155248j:image