Hasta mañana! また明日

カオスな思考を整理して自分再構築中。ブログタイトルはスペイン語で「また明日」の意味。


スポンサーリンク


遅延性フードアレルギー検査を受けてみた

 

先日、遅延性フードアレルギー検査を受けてみました。

 

長年、原因不明の蕁麻疹に悩まされつつも、仕事からくるストレスが原因だろうと思い込み、かゆみや発疹をやり過ごしていました。

しかし昨年末に仕事を辞めてからも蕁麻疹は治らず、むしろ悪化方向に。仕事のストレスが原因でなかったとすると、日々口にしている食物が原因なのだろうか?そう考えて今年2月は食べたものを記録し蕁麻疹の原因食物を追求していました。

 

www.hastama.net

 

食事記録で見えてきた体に合わなそうな食べ物

約一ヶ月間、食事内容を観察した結果、以下の食べものを口にした後に酷い蕁麻疹が発生することに気がつきました。

 

  • 牛乳
  • パン
  • 卵(朝食の半熟卵がNGだった)
  • 古い油を使った料理(屋台飯など)
  • 砂糖たっぷりのお菓子(クッキー、ワッフルなど)

 

この時点ではあくまで自己観察ですが、毎日記録して客観的に観察することの有効性を感じました。

 

遅延性アレルギー検査を受けてみる

食事記録によってみえてきた蕁麻疹と関連のありそうな食物が、ほんとうに体に合わないのか?を客観的な指標で確認したい、というのが私が遅延性アレルギー検査を受けてみようと思ったきっかけです。

 

Amazonのレビューや遅延性アレルギー検査をした人のブログを読んで、シンガポールから帰国したらやる!と決めていました。

 

で、3月下旬に日本帰国後すぐにAmazonで検査キットを注文。翌日には発送したとメールがありすぐに届きました。

 

検査は自分で指先に針を刺して血液を抽出する方法で、それをアンブロシアに郵送します。そこから提携ラボに血液が送られ検査してもらうプロセスです。

 

私は体が冷えていたのか血液が規定の量まで抽出できず、再検査となりました。再検査の費用はかかりませんでした(ただし指定日までに血液サンプルを再送する必要はあります)。

f:id:shibuyaumeboshi:20190416203221j:image

 

 

遅延性アレルギー検査の結果は…

血液サンプルを送り直して約一週間。結果がレターパックで送られてきました。気になる詳細は…

f:id:shibuyaumeboshi:20190416203310j:image

 

■非常に上昇

  • 牛乳
  • カゼイン
  • 卵白
  • 大麦
  • エンドウ豆

■上昇

  • チーズ
  • ヨーグルト
  • 卵黄
  • 醸造用イースト
  • ソラマメ
  • キドニー豆

 

という結果に!!

 

2月に自分で食事記録をして観察して気づいた食物と同じく、牛乳、卵(卵白)は数値が振り切っていました。

f:id:shibuyaumeboshi:20190416203410j:image

 

カゼインというものついては不勉強でしたが、調べたところほとんどの乳製品に含まれる成分で食べ物を固める性質があるそうですね。

 

そしてまいにち小腹が空いたら口にしていたヨーグルトやチーズも高い数値。原材料が牛乳なのでこの結果には納得ですが、自分の体に合わない食物を「体にいいと思い込んで」毎日食べてた事実はやるせなくもあります。まぁ今回わかったのでこれからは気をつけよう!

 

豆類の数値が高かったのは意外。おやつにくるみやアーモンドはよく食べていますが、エンドウ豆やソラマメはしょっ中食べないし、キドニー豆に至っては何ソレ初めて聞いた豆だなという感じ。どうやらレッドキドニーとか呼ばれている赤インゲン豆みたいです。よくチリコンカンとかに入っている豆だ。

ちなみにグリーンピースはエンドウ豆の中の一部の豆だそう。グリーンピースも避けよう。スナップエンドウもエンドウ豆の一種なのでこれも。

 

大麦と醸造用イーストは、まさにビールの原材料!!飲み過ぎ控えます。そして醸造用イーストってのは「発酵食品」に含まれるそうなので、醤油・味噌・キムチ・日本酒・ワインなど私の大好物には大体醸造用イーストが含まれるのとになります。

 

結果をみて感じたこと

この結果をみてなんとなく直感で感じたこと。それはこれから命になる卵や豆、牛の赤ちゃんを育てるための牛乳など、「命の誕生や育成」に関わる食べ物が遅延性アレルギー反応を示しているなぁというもの。

 

私は大きめの子宮筋腫があり、20代の頃は女性ホルモンを調整するピルを常用し、出産は未経験です。

そんなわたしが牛の乳や鶏の卵、植物の種など母性に関わる食べ物を摂取すると、地球上の母性のかなしみが体に反応してでてしまうのかな、と感じました。(あくまで個人が感じたことで、なんの根拠もありせん)

 

即時性のアレルギー検査はすべて陰性

念のため実家近くのクリニックで即時性アレルギー検査もしてもらいました(血液検査)。私は健康保険に入っていないので全額自費で約2万円でした。健康保険入ってる人は3割負担なので6千円くらいですね。

 

日本の医療機関で検査してもらえるアレルギー検査は、通常この即時性アレルギー検査のみとの事。

 

翌週に出た検査結果は…

 

f:id:shibuyaumeboshi:20190412105348j:image

 

すべて陰性!!

 

とりあえず、アナフィラキシーのような緊急かつ重篤な症状を誘発する恐れのあるアレルギー源はないことがわかりました。

 

遅延性フードアレルギー検査では数値が振り切っていた牛乳や卵も、即時性アレルギー検査ではクラス0。

 

「牛乳や卵は摂取しても直ぐさま命に別状はないが、痒みや不調の原因にはなっている」ということがハッキリ分かったので、これからの食生活の参考にしていきたいと思います。

 

これからの食生活

私にとって食べることは何よりも幸せなので、神経質になり過ぎず、ゆるく食事改善していこうと思います。

 

  • 卵かけご飯やスクランブルエッグなど生に近い卵料理は避ける。
  • カフェオレ、ヨーグルト、チーズなど牛乳やカゼインが含まれるものを毎日口にするのは控える。
  • 友人と食事するときや、旅先の郷土料理をいただくときは、遅延性アレルギー検査の結果を気にせずにありがたくいただく。

 

検査にお金はかかりましたが、気持ちよく身体軽く生きるためにはとても良い投資でした!