カオスなあたし。クリアなあした。

カオスな頭の中を整理して意識をクリアにしたら夢がどんどん叶いました。たくさんの人に夢を叶えてほしいのでそのコツを記事にしていきます。(コンテンツ整理中)


スポンサーリンク


香りの纏い方とお気に入りアイテム

 

気分が落ち込んだ時、深い呼吸がしたい時、リラックスして眠りたい時。いつも香りに助けられています。

 

ほのかな香りが今の気分

最近はアロマのやさしい香りを好んで使用しています。気分転換になるし、2〜3時間で香りがなくなるので、時間帯によって異なる香りをオンすることもできる点が今の気分にあっています。

時間の経過とともに香りが変化していく香水もとても美しいのですが、私には香りのつけ方がむずかしいのと家族が香りに敏感なため、現在は半日以上香りが持続するようなフレグランスは所有していません。

 

ボディまわりから立ち上がる香りはシンプルに

ほのかな香りを自分自身が楽しみたいので、肌の広い面積や衣服に香りをつけるのはあまり好まず、まわりの人にはわからない程度、体温を感じる距離まで体を寄せればふわりと香りが伝わるほのかさで香りを纏いたい。

 

本人の印象よりも香りのほうが強いインパクトを残すようだと、せっかくの素敵な人柄も強烈な香りの印象に引っ張られてしまいます。

香りはあくまでもその人の個性を引き立てる存在だと思っています。

 

柔軟剤は使わなくても大丈夫

そのため香りが強い傾向がある「柔軟剤」は使いません。衣類もタオルも洗いからすすぎまで洗剤だけですませます。

ひと昔前は柔軟剤は使わなければならないものだと思っていましたが、洗剤だけで充分に肌触りよく洗い上がるし、タオルはむしろ柔軟剤なしの方が吸水よく使用できます。

デリケートな衣類はお洒落着洗剤で洗い上げればOK。

 

ここ5年ほどはそんなポリシーで洗濯していたので、久しぶりに実家の洗濯機で柔軟剤を使った服を着ると匂いで頭がクラクラしてしまいました。その1着の衣類をスーツケースに仕舞うだけで、スーツケース全体に行き渡るほどの強い香りでおどろきました。

 

衣類から強い香りが立ち込めては、その日の気分で好きな香りを纏うのは難しい。だから柔軟剤は使わなくてもよいのではとあらためて思いました。

 

柔軟剤を使わなくなったもうひとつの理由に、液体は重いというのもあります。笑

仕事で疲れた夜や休日の買い出しで、重い液体の柔軟剤を運びたくないというヘタレだったので、いつからか柔軟剤を買わなくなりました。家計のコスト削減にもなります。

 

ハンドクリームはニベアかワセリン

ハンドクリームを頂くことが多く、香りのいいものはウキウキして嬉しく思います。ただし電車の中や飲食店で使うと周囲まで香りが届いてしまうし、万が一気分のよくない方がいれば嗅覚が敏感になっていることも考えられます。

 

そのため外出時に携帯するハンドクリームは香りが少ない(または皆んな慣れている)ニベアクリームか、無香料のワセリン。香りつきのハンドクリームをいただいたら、自宅の寝室や玄関に置いて自分だけのときに楽ませていただいています。

 

またボディクリームも、お風呂上がり後に塗って翌朝まで香りがのこるようなものは使いません。

 

ボディや手元など、皮膚面積が広い場所から立ち上がる香りを最低限にすることで、後づけする香りを思う存分楽しむことができます。

 

日々お世話になっている香りのアイテム

ここ最近のお気に入りの香りアイテムは5つ。

 

ukaのネイルオイル

f:id:shibuyaumeboshi:20190423175110j:image

 

ukaネイルオイルの24:45をリピート中。甘いバニラと落ち着くラベンダーの香りでほっと癒されます。ネイルケアしながら1分間、香りを楽しんで気分転換。リップクリームと同じくらいの小さいサイズなので毎日持ち歩いてます。

 

 

Productのヘアワックス&ヘアシャインセラム

f:id:shibuyaumeboshi:20190423175125j:image

 

こちらも何度もリピート。爽やかなラベンダーの香りで朝のヘアスタイリングが楽しくなる!

 

使い心地もバツグンで、ヘアワックスは夫婦で愛用中。まとめ髪のおくれ毛までしっかりとホールドしてくれるし、ダウンスタイルのときは頭頂部のアホ毛にうすく付けるときれいに収まります。

 

ヘアシャインセラムはしっとりウェッティな髪の質感を演出してくれるので、乾燥しやすくうねりがちなわたしの髪には大変助かっています。

 

ニールズヤードレメディーズのアロマオイル

オットが愛用中です。元々は私が使用していたのもですが、オットに貸したら気に入ってくれて、今は仕事中や移動中のリフレッシュ用に使っているようす。

 

 

フエギア のフレグランス

f:id:shibuyaumeboshi:20190423175157j:image

先日購入して以来、毎日ヘビロテのフエギア。アルゼンチン生まれフレグランス「フエギア」で体が喜ぶ香りに遭遇 - カオスなあたし。クリアなあした。

植物由来の素晴らしい唯一無二の香りを思いきり吸い込むと、体の中に元気がみなぎる。このシリーズは香りで体の健康をサポートするというコンセプトなので軽めの芳香です。そのため一日中、何度もスプレーしています。

 

カンボジアで買ったハンドクリーム

f:id:shibuyaumeboshi:20190425144550j:image

今年のはじめにカンボジアのアンコールワットを訪れたとき自分へのお土産にと購入したハンドクリームは、「クルクメール 」というブランドのもの。コンタクトケースくらいの大きさで5$でした。

アンコール王朝の頃から伝わる伝統医療の要素と、カンボジアの自然が育んだハーブを活かした商品は、とても丁寧に作られていて美しかった!

 

カンボジアという貧困国で持続的な事業を行い、現地に雇用を生み出し、その土地の伝統文化や自然を広めたいという創業にまつわるブランドストーリーにも心から共感しました。カンボジアを訪れた思い出として大事に使います。

(2019年4月時点では日本で取り扱う実店舗はなく、カンボジアからの送料は3000円かかるようです。)

 

お気に入りの香りは大切な友人みたいな存在

張りつめた気持ちをほどいてくれるような、リラックスしたい時に気を使わず過ごせるような、元気をもらいたい時に勇気づけてくれるような、私にとって香りとはそんなお友だちのような存在です。

 

30代は結婚、出産、仕事、引っ越しなど…人によって置かれる状況が違ったり、タイミングが合わなかったりして、仲の良かった友人同士でも昔のように顔を合わせる機会が少なくなります。

 

大好きな友だちになかなか会えない時でも、香りは私を励ましてくれたり、気持ちを切り替えさせてくれる。

 

スペインへ移住したらきっと友人たちが恋しくなると思いますが、そんな時はお気に入りの香りに包まれれば気持ち穏やかになれるのかなと期待しています。

 

環境の変化でお疲れ気味のときはお気に入りの香りアイテムを纏って気分転換!

 

 

www.hastama.net

 

www.hastama.net

 

www.hastama.net